美容整形の歴史

日本では戦前から美容目的の整形手術が行われていました。第二次世界大戦後は、美容先進国のアメリカの影響を受け、美容整形のクリニックが全国にオープンしました。 1978年になると美容外科という診療科目が確立し、形成外科や皮膚科から独立する形で、美容整形外科や美容皮膚科が誕生しました。美容整形を行うクリニックは増加し、テレビCMや口コミなどで利用者が増えていきました。 1990年代から2000年代にかけては、医療機器の革新的な進化によって、レーザー脱毛やフォトフェイシャルなどの施術も行えるようになりました。メスを使わずに治療が受けられるという評判が口コミで広がり、大勢の人が美容整形の施術を受けるようになりました。

最近は、美容外科とはライバル関係にあるエステサロンの施術のレベルが向上しています。美容外科では、エステサロンでは使用することができない医療機器を使って、施術を行うことができます。 医療機器は美容機器とは異なり、確実な美容の効果を得ることができます。美容外科とエステサロンとを比べると、美容の効果は美容外科の方が優位性があります。今後も美容外科の優位性は続くと予測されます。 料金面で美容外科とエステサロンを比較すると、エステサロンの方が料金は格安です。美容外科でも料金を低く抑える努力をしており、美容外科の料金はだんだんと安くなってきています。今後も料金の値下げの傾向は続くと予測されます。 最近は、口コミサイトで美容外科を比較する人が増えています。今後も口コミサイトを利用して、受診する美容外科を決める人は増えることが予測されます。